那珂市商工会
那珂市商工会Home
那珂市商工会案内
那珂市商工会各部会
那珂市商工会会員紹介
100万会員ネットワーク(準備中)
一店逸品
那珂市観光案内
那珂市歴史と文化
書類ダウンロード
市指定ゴミ袋取扱店
会報ひまわり
問合せ
リンク
 
青年部ブログ

カレンダー

検索:

 
 那珂市について
 
 那珂市は東京から北東へ約100km余り、茨城県の中央よりやや北寄りに位置し、那珂川、久慈川に挟まれた平坦な台地上の地域です。

面積は83.14平方キロメートル、農地と平地林の豊富な町です。
昭和30年に1町6村の合併により本町が誕生し、人口は当時3万人余りでしたが近年、県都水戸市、工業都市日立市及び、
ひたちなか市に隣接するという地理的条件から都市化が進行し、現在人口は約4万6千人となっています。
昭和59年3月に常磐自動車道那珂インターチェンジの開通、昭和60年4月、日本原子力研究所那珂研究所の立地、
国道349号バイパス開通等により、大中型店舗の出店や那珂西部工業団地への企業の立地に伴い、新たな展開がみられるようになってきました。
 市の中央部を常磐自動車道がはしり、インターチェンジが町のほぼ中心に位置している。
那珂インターは、奥久慈地方などの県北山間地域とひたちなか市や東海村の県北臨海地域へのアクセスポイントとしての機能を果たしている。
 水戸市と結ぶ一般国道は、町をほぼ南北に縦断する国道6号、349号、118号がある。

 鉄道は、水戸市と常陸太田市・郡山市を結ぶJR水郡線があり、町内には上菅谷駅など7つの駅がある。
 東京までの所要時間は、常磐自動車道を利用した場合、約1時間30分、JR水郡線・常磐線を利用した場合、上菅谷から約2時間である。

また、常磐道那珂I.C.経由で新宿-常陸太田間、東京-東海村間で高速バスも運行されている。
 
 観光案内
 
那珂市観光ガイド
(那珂市観光協会HPへ)
 観光スポット

コメントをどうぞ